鉄板焼を楽しむ居酒屋

鉄板焼きやお好み焼きを食べながら、お酒を飲むのもおいしいですよね。


そんななかで生まれた、鉄板焼き居酒屋は最近人気の居酒屋です。



お好み焼きを食べながら、野菜や魚介類、お肉など、いろいろな炒め物をつまみながら、ビールやワイン、焼酎など、お好みのお酒と一緒に頂くのは、格別に美味しいと思います。鉄板焼きのメニューは色々あり、ここでは書ききれませんが、目の前の鉄板で食材を焼いたり、調理したりしているのを見て楽しむこともできるので、とても楽しいと思います。


初めてお店に行かれる方は、コース料理を注文するのが良いでしょう。いろいろな旬の食材を使用した、焼き物、炒め物が食べられると思います。最近では、いろいろなお酒を用意している、バー的なお店もあり、人気のようです。



疲れた仕事帰りに、週末の仕事帰りに、居酒屋に足を運び、ビールと一口系の鉄板焼きがあれば最高に幸せですよね。

とくに餃子とビールを頼む人は多いんじゃないでしょうか。

鉄板焼きの中でも比較的値段も安く、ボリュームも居酒屋によりますけど、そこそこ多いと思います。ですので、今の居酒屋に一口餃子がないところはないと思います。



この他にも、ソースが絡み合ったとん平焼きやジューシーなサイコロステーキ。鉄板焼きと一つとっても、メニューは豊富です。

居酒屋によっては、そのお店だけの鉄板焼きメニュー、1品メニューがあると思いますので、そういうのも探すのもいいかもしれませんね。夏の時期には、冷たいビールに片手に、アツアツの餃子やとん平焼きを美味しくいただきましょう。
いいところがわからない、美味しいお店が見つからないという場が美味しいお店、1品料理が絶品なお店などを探して、是非お店の方まで足を運んでいってくださいね。



居酒屋という呼び方はそれ程古くからのものでは有りませんが、酒類などを中心に軽い食事も楽しめる飲食店という意味では大昔から存在していました。

人類とアルコール類の歴史は非常に古くさかのぼりますが、最初のアルコール飲料を作ったのは霊長類である猿だったという説もあります。

猿が果物類を貯めていたものが、唾液に含まれる酵素の働きで自然発酵している汁を飲んで酔っ払っているのを、太古の人類が偶然に見たことから、アルコールを知ったと考えられています。



この様な事はインドや中国の医学で使うハーブや漢方薬でも、牛馬や猿、犬などが体の具合が悪くなると、森や草原にある草や樹皮などを食べて身体を回復させる様を観察して薬になる薬草を見つけてきたと言われておるのと似ています。アルコールも初めのうちは薬や気分をリラックスさせるための薬として使われてきたものですが、徐々に酔って気分を開放させてり仲間たちと飲んで楽しむ物へと変化してきました。
いつの間にか人間は酒と食事を合わせて楽しむことを覚えてきて、世界中で様々な種類の酒と料理を楽しむ習慣が日常化しています。



日本でも、古くから酒を作っては飲む習慣が広まっていましたが、居酒屋を生業とする店が出現するようになったのは、室町から安土桃山時代くらいには存在していたと思われます。
奈良時代頃の長屋王邸から出土した木簡に同家が「店物」として「酒」を扱っていたことが記されていました。



戦国時代には勝ち戦の時に兵士たちが酒を飲んで勝利を祝った記述も残っておりますし、江戸時代には遊郭で遊女たちと酒を飲んで騒いでいたようです。



関連リンク

海外の居酒屋について

海外の居酒屋について調べたので、説明したいと思います。イギリスでは、ビールは各個人の家庭で作られ、それを近隣住民や旅行者たちに分けられていました。...

more

伝統的な居酒屋の特徴

日本の伝統的な居酒屋では料理、刺身、煮物など和食を基調とした料理が提供され、それを皆でシェアして酒を飲みながら食事をする。そして一般的な店では1品の値段が数百円、一人あたりの予算は3000円程度と、比較的安い値段でお酒が飲めるため、サラリーマンの憩いの場となっている。...

more
top