居酒屋バイトの仕事内容

居酒屋で働いて、メリットもありますが当然デメリットとなることもあります。いろんなデメリットを考えて紹介します。居酒屋で働く場合には夕方から深夜まで働くことがほとんどなので、友人や知人との交流が少なくなる可能性があるようです。
学生の場合にはなおさら学校の授業の後居酒屋のアルバイトに出かけているので、ストレスがたまりやすいです。


居酒屋は、禁煙席を設けている居酒屋も最近ではありますが、基本的にお酒とタバコは切り離せないものなので、タバコの煙が苦手な人には仕事中が苦痛の時間となります。

居酒屋ではどのような形態をとっておいてもアルコール類を提供するのが当たり前なので、深酒をするお客や酔っ払ったあげく吐いてしまうお客もいて、かたづけなければなりません。
トイレで問題なく吐いてしまうのならば良いのですが、テーブルや座席で吐かれたり通路やトイレの便器でないところで吐かれたりすることがあります。
吐かれた後の処理をするのも居酒屋で働く人の仕事の1つとなっております。

お酒を飲んで吐くような状態にならなくても、酔っ払って絡んでくるお客もいるので、この対応も大変なようです。
どのような仕事に就いても嫌な事は存在しています。
自分がどれだけ上手に対応できるかが仕事を長く続けるコツの1つだといえます。居酒屋で働くにも同じことが言えるので、嫌な状況になっても逃げずに立ち向かい合う気持ちが必要です、。
6年前、居酒屋でバイトしたことがあります。

電車線路の下にある小さい店ですが、いつも行列ができていました。


私はそこで初めて刺身を食べ、そして刺身が大好きになりました。

日本へ行く前は生ものを食べることは考えたこともなかったですが、ある日店長はまかないで刺身を食べさせてくれました。自分はいいですと断りましたが、店長に食べたことがないと思うから一回食べてみてはどうかと勧められ、せっかくなので挑戦しようと思い食べてみました。

意外に臭みがなくて、びっくりするほど柔らかくておいしかったです。

醤油と刺身とわさびはすごく合います。
刺身は体にもいいし、特に脳にいいらしいです。


おいしくて、体にいいし、それから刺身が大好きになりました。

その居酒屋さんのバイトを辞めてから回転寿司屋さんで働いたのは刺身が大好きからです。

日本を離れてもう6年経ちましたが、この6年で刺身を食べた回数は本当にわずかです。

おいしさは日本のものとは比べものにならないです。


いつか日本へ行って刺身をいっぱい食べようと常に考えています。
日本に行って、本当にたくさんのことをやりました。
刺身を食べたり化粧を始めました。
沖縄の海にも行きました。
鳥取砂丘を見に行きました。


バイトをやって、大学の学費を自分で払いました。

深夜のバイト終わりの帰る道に変態に会いました。

本当にいろいろなことがあって、一生忘れられない6年でした。

















関連リンク

海外の居酒屋について

海外の居酒屋について調べたので、説明したいと思います。イギリスでは、ビールは各個人の家庭で作られ、それを近隣住民や旅行者たちに分けられていました。...

more

伝統的な居酒屋の特徴

日本の伝統的な居酒屋では料理、刺身、煮物など和食を基調とした料理が提供され、それを皆でシェアして酒を飲みながら食事をする。そして一般的な店では1品の値段が数百円、一人あたりの予算は3000円程度と、比較的安い値段でお酒が飲めるため、サラリーマンの憩いの場となっている。...

more
top