海外の居酒屋について

海外の居酒屋について調べたので、説明したいと思います。

イギリスでは、ビールは各個人の家庭で作られ、それを近隣住民や旅行者たちに分けられていました。それがイギリスの飲み屋の始まりで「エールハウス」と呼ばれました。


初期は家庭から作られ、女性経営者が多かったが、専業となると伴い醸造等の肉体労働に対応するため、そこから徐々に男性経営者が増えていると言われています。


フランスでは教会や修道院が起源であります。


18世紀から19世紀にかけてワインが大衆化されるようになりました。

ドイツでも教会や修道院が巡礼者のために酒類を提供するようになりなったのが起源であり、修道院内に「修道院居酒屋」と呼ばれるようになったのです。
アラビア地域では昔からごく普通に酒が飲まれ、アラビア語で「ハーヌート」と呼ばれる飲み屋が存在していた。


中部では主に蜂蜜から作られた酒があり、北部にかけてはワインやビールが古代から飲まれたと言われています。
中国では、大体のお店に行くとお酒は提供されておりあんまり居酒屋とは言われません。

多くのお店を「飯店」と呼ばれています。

現在では、日本の居酒屋業界が中国の町でよく見られます。

上海や大都市ではよく見かけられます。

しかし、中国に進出している日本の居酒屋業界は、物価の違いや、食材や飲み物の輸入などの原因で大苦戦していると聞いています。


日本の接客やサービスの質は世界で必ず通用すると思うので是非頑張ってほしいです。

居酒屋は飲食店でありながら食事をする場所というよりも社交場という意味合いが強い。したがって居酒屋には居酒屋独特の慣例やマナーが存在する。一つ目は最初のお酒の注文に関するものである。居酒屋で席に着いて最初に注文する酒はビールである確率が圧倒的に高い。

ある統計によると男性の8割、女性の6割が一杯目にビールを注文するという。


何故ならビールを注文することによって乾杯までにかかる時間が短縮されるからである。当然各々好きなお酒は異なるが、それぞれ別の物を注文していると注文を取りまとめるのに時間がかかる。


そのうえ店員がお酒を作って持ってくるのにもまた時間がかかる。


そこで「とりあえずビール」と注文することで宴会をスムーズに進行することが出来るのである。


次にお酌と料理の取り分けに関してである。


まずお酌は部下が上司に対して積極的に行うべきであるとされており、仕事上の階級が下である場合は上司のグラスが空いていないか常に配慮する必要がある。

料理の取り分けに関しては、未だに女性の仕事と解釈されている面があり、若者の間では居酒屋で率先して料理を取り分けると例えその人が男性だったとしても「女子力が高い」と評されることが多い。


これらは一種のコミュニケーションの方式ととらえることができる。


お酌にしても料理のとりわけにしても必要不可欠な行為というわけではない。
しかしその最中には「このくらいで大丈夫です」とか「もっと入れましょうか」など何かしらの会話が生まれる。
特に宴会の序盤においてこれらの会話は場の空気を和ませる潤滑油になるのである。
このように一見無意味に見えるマナーにも隠れた意義があるのである。

電話占いの口コミに関するご質問を解決いたします。

手相の丘情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

知って大満足の電話占いに関する情報を公開しているサイトです。

屋形船の情報を見つけよう。

電話占いの透視情報収集ができます。

http://talk.m3q.jp/?topic_id=9&page=544

http://news.goo.ne.jp/topstories/business/367/7fec6f904d96329acd6af1484e2960e9.html

http://rocketnews24.com/2015/04/26/574917/

関連リンク

海外の居酒屋について

海外の居酒屋について調べたので、説明したいと思います。イギリスでは、ビールは各個人の家庭で作られ、それを近隣住民や旅行者たちに分けられていました。...

more

伝統的な居酒屋の特徴

日本の伝統的な居酒屋では料理、刺身、煮物など和食を基調とした料理が提供され、それを皆でシェアして酒を飲みながら食事をする。そして一般的な店では1品の値段が数百円、一人あたりの予算は3000円程度と、比較的安い値段でお酒が飲めるため、サラリーマンの憩いの場となっている。...

more
top