日本の居酒屋の特徴について

居酒屋にあたるようなお酒を提供する飲食店は世界各国にあるが、日本の居酒屋は独自の発展を遂げていて、その様々なシステムや料理が外国人観光客を驚かせることが多い。


これは客によりくつろいでもらうためのものであるが椅子文化の欧米にはこのような習慣はない。
まず多くの店では靴を脱いでから入店する。
そのような場合まず、靴を脱いで、ひらがなと漢数字で書かれた札の形をした鍵をとって、靴を専用のロッカーに入れる。


そして座敷や掘りごたつのある席に移動する。

そして欧米では日本のように料理一つの皿の料理を皆でつつきあって食べることはあまりなく、おのおの料理をそれぞれ注文して食べることが多いらしい。
また居酒屋の酒や料理の種類の多さも外国人を驚かせるものの一つである。
日本の居酒屋では大抵刺身や焼き鳥などの和食だけでなく、ピザや餃子、ビビンバなど各国の料理を味わうことができるばかりか、店独自の創作料理もあり、好みの物を食べることが出来る点も特徴の一つである。

また居酒屋に行くとまず必ずおしぼりが出てくるががこれも欧米ではない仕組みで、日本人のお客様に対するおもてなしの心がよく表れているものの一つである。
このような仕組みは私達にとっては当たり前のようになってしまっているが実は海外からみるとこれらは実に特色あふれた日本独自の文化である。
近年大手チェーン店が海外に出店しているが、こういった日本独自のシステムが海外で受け入れられればアニメ、寿司、に次ぐ日本を代表するものになるかもしれない。

最近、テーマ居酒屋というものが都内を中心に増加傾向にある。これらの店では各店舗がそれぞれ一つのテーマを持っており、の内装や店員の衣装、メニューの内容に至るまでそれぞれのテーマに沿った独特なものになっている。

例えば監獄をテーマにした居酒屋は、店に入るとまず手錠で拘束され警官に扮した店員に監獄を模した座席に連れて行かれる。またメニューも独特で、試験管やビーカーに入ったカクテルや、刑務所内の食事を再現したメニューなど奇妙なものばかりである。
また一時間に一回脱獄囚扮した店員が襲いに来るというパフォーマンスもある。

このほかにも駄菓子居酒屋では所定の料金を払うと駄菓子が食べ放題になり、まるで駄菓子屋さんでお酒を飲んでいるような感覚を味わうことができる。

また学校居酒屋では個室が小学校の教室のようになっており、学校給食を再現したメニューもある。


そのため学生時代に戻って同窓会を開催したい客にはとても人気が高い。


その他にも様々な店がある。
それらに共通しているのは、普段体験できないことを疑似体験できることである。

テーマ居酒屋の多くは大手チェーン店より料金設定が高めだ。
しかしそれでも人気を博しているのは、非日常の一時を仲間と共有し楽しむことが出来るからである。


居酒屋は本来飲食をする場所である。しかしこれらの店では何を飲み何を食べるかではなく、いかにその時間を楽しめるかという点に注目したという点で画期的であると言えよう。

東京湾にある屋形船について分かりやすくまとめてあります。

珍しい電話占いで恋愛相談情報の差に驚きました。

縁結びの方法に関する情報をご覧ください。

東京の屋形船の有益性の紹介です。

手相の知能線について知りたいならこちらです。

http://smany.jp/1361

http://talk.m3q.jp/t/4701

https://4meee.com/articles/view/528240

関連リンク

海外の居酒屋について

海外の居酒屋について調べたので、説明したいと思います。イギリスでは、ビールは各個人の家庭で作られ、それを近隣住民や旅行者たちに分けられていました。...

more

伝統的な居酒屋の特徴

日本の伝統的な居酒屋では料理、刺身、煮物など和食を基調とした料理が提供され、それを皆でシェアして酒を飲みながら食事をする。そして一般的な店では1品の値段が数百円、一人あたりの予算は3000円程度と、比較的安い値段でお酒が飲めるため、サラリーマンの憩いの場となっている。...

more
top