伝統的な居酒屋の特徴

日本の伝統的な居酒屋では料理、刺身、煮物など和食を基調とした料理が提供され、それを皆でシェアして酒を飲みながら食事をする。
そして一般的な店では1品の値段が数百円、一人あたりの予算は3000円程度と、比較的安い値段でお酒が飲めるため、サラリーマンの憩いの場となっている。
通常居酒屋に入るとまず飲み物を注文する。またここではメニューを見る時間を短縮するため、最初席につくと「とりあえずビール」と言ってビールを注文するのが通例である。最初の飲み物と一緒にお通しと呼ばれる小皿料理や枝豆が提供される。
これは注文していなくても出される料理で、お通しの代金には席料が含まれていることが多い。


このお通しが来た時に料理の注文をし、乾杯をすることで食事が始まる。
居酒屋の人気メニューの一つに焼き鳥がある。大人数での飲み会の際は、皆で分けやすい焼き鳥はまさに定番といえるメニューである。そのためしばしば盛り合わせを注文するのだが、塩派、たれ派また好きな部位など一人一人好みが異なる。


そのため注文する際には周りへの配慮が必要なメニューである。

前述の通り最初のドリンクの定番はビールであるが店によってはでは様々な種類の酒を提供しており、ワイン、焼酎、日本酒、カクテルなどがある。

また地方の店に行くとその土地ならではの地酒や郷土料理などを出している店も多く、それを楽しみに旅行で地方の居酒屋に行く人も多い。

居酒屋は発症から長年にわたってくる人々を楽しませている。

近年居酒屋はそれぞれ厳しい競争の中生き残るために様々な経営努力をしている。
一つ目は宴会コースでの差別化である。

従来は予算に応じたコース設定のみである場合がほとんどだったが、最近は客のニーズにあった様々コースを設定する店が多い。

誕生日や記念日を祝うコースでは店がサプライズでケーキを用意してくれたり、プレゼントを用意してくれたりする。
また女性のグループ客のみを対象にした女子会コースでは女性が好むコラーゲンが含まれた料理や豪華なデザートが提供されることが多い。
2つ目は低価格競争である。

大手チェーン店ではこぞって安くておいしい料理を提供するために、様々な方法でコストカットを行ってきた。

例えば、注文の自動化である。
従来は注文の度に店員を呼んでいたが、注文を席にあるタッチパネルですることで人件費を削減した。

また厨房においても多くの調理過程で自動化が進んでおりこれも人件費削減につながった。

その結果最近全ての料理を均一料金で提供する居酒屋が一般的になりつつある。この店ではサラダ、揚げ物、お寿司、お酒などすべての商品が280円などの低価格で味わえる。これらの店では他の店に比べて一品あたりの量が少ないため少人数の客や、少しずついろんな種類の料理が食べたい女性客には特に人気が高い。

3つ目は居心地の良さの追求である。従来は大人数でわいわい騒ぐガヤガヤしたイメージだったが、会社やサークルの飲み会など大人数の場面だけでなく、普段から居酒屋を使ってもらえるように少人数でゆっくりお酒が飲めるように個室の数を増やしている店が多い。

比較的低価格な店でも全ての座席が半個室になっていて、周りを気にせず、ゆっくり飲食できるような作りになっている店も多い。


またより居心地をよくするために椅子をソファー席にしている居酒屋もある。
このように居酒屋の生存競争が過激化したことで様々な面でサービスが改善されてきているのである。

















関連リンク

海外の居酒屋について

海外の居酒屋について調べたので、説明したいと思います。イギリスでは、ビールは各個人の家庭で作られ、それを近隣住民や旅行者たちに分けられていました。...

more

伝統的な居酒屋の特徴

日本の伝統的な居酒屋では料理、刺身、煮物など和食を基調とした料理が提供され、それを皆でシェアして酒を飲みながら食事をする。そして一般的な店では1品の値段が数百円、一人あたりの予算は3000円程度と、比較的安い値段でお酒が飲めるため、サラリーマンの憩いの場となっている。...

more
top