居酒屋チェーン店の狙い

居酒屋のチェーン店は、年々その数を増やし、全国で20を超えるチェーン店が存在しています。


どのチェーン店でも価格やサービスの競争を日々おこなっていて、その結果、どの店でも客からはリーズナブルなものだと思えるようになってきました。
出張等で、なじみのない街に行った場合、居酒屋に入ろうとすると、料金が気になりますが、有名なチェーン店があるとなぜか安心して入ることができます。

世の中、景気が悪くても、チェーン店は、いつも繁盛しているように思えます。

巨大化したチェーン店では、グループチェーン店として、その下にいくつかサブチェーン店を設けています。
サブチェーン店では、それぞれ料理や店内の雰囲気に特徴をつけて、客層の多様化を目指しています。


チェーン店は、商店に置き換えると、スーパーマーケットのようなものです。


スーパーマーケットも大手チェーン店があり、そのほとんどでポイントカードを発行し、集客を狙います。
居酒屋の大手チェーン店では同じようにポイントカードが発行されているのでしょうか。
実は、居酒屋のポイントカードというのは、スーパーマーケットよりも先に始められたのです。

しかし、スーパーマーケットは個人の客を対象としているのに対し、居酒屋は複数の客をターゲットにしています。

複数の客がポイントカードを持っていた場合、どちらにポイントをつけるかという問題もあり、一般的ではなくなってしまっている状況です。


これに代わるものとしては、期間限定で、次回来客時の割引サービス券のようなもので、集客を狙っています。
東京の繁華街には居酒屋も含めて飲食店の数が多くあります。
その中でも、古くからある居酒屋も、昔ながらの縄のれんや赤ちょうちんのあるようなところは、街の顔を象徴する1つの要素となっています。
しかし、繁華街にはもともとは街のイメージがあるのです。


例えば、渋谷や原宿は若者の街・ストリートであるし、新橋はサラリーマンの街、銀座は高級感ただよう街であり、六本木は国際色豊かな街、上野や浅草は下町情緒のある街、新宿は非常に人通りが多く、活気はあるのですが、治安の面で非常に不安がある街として人々に周知されてています。

その中で、居酒屋はその街に合わせた集客を考えています。例えば、同じグループのチェーン店でも、渋谷と新橋では、飲み物と料理のメニューを若者やサラリーマンの両方を集客できるようにそれぞれ考えているのです。

銀座でもチェーン店が進出し、価格競争をしていった結果、リーズナブルな値段の店が非常に多くなってきました。

また、古くからあるお店も、この価格競争に対抗するために、その店の伝統を維持しつつも、新しいサービスを提供するようになりました。また赤坂はいろいろな特色を持っています。都心部の繁華街であり、オフィス街、高級料亭やクラブ街、テレビ局などがありますし、コリアンタウンもあります。
そのような中でも居酒屋やこれまた、色々の特色をだしています。


特に、郷土料理を売り物にしている居酒屋が多く、北海道、九州はもちろん、沖縄、八丈島など、全国各地の郷土料理店もあります。

関西の縁結び神社のための情報を提供するサイトです。

電話占いの口コミ情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

なばなの里に関する問題解決をサポートいたします。

当たる電話占いがオススメです。

幅広い分野の復縁の占い情報もきっとあるはずです。

http://okwave.jp/qa/q3295979.html

https://4meee.com/articles/view/528240

http://matome.naver.jp/odai/2146312237263189401

関連リンク

居酒屋の由来について

居酒屋は、日本の文化の一つと言えると私は思います。居酒屋は、基本夜しか開店していない店舗が多いと思います。...

more

居酒屋でアルバイトした体験

私は同じ居酒屋で5年間アルバイトしてきました。その中で、もっとも印象に残ったことを語りたいと思います。...

more
top